一緒に現れて再構築する


2020年のアニュアルレポート 

2020年は、私たちにとって決して忘れられない年となりました。COVID-19の大流行により、何百万もの家族の健康と経済的な生活が破壊され、社会の基盤にカビが生えたような不公平感が露呈しました。そんな中、ジョージ・フロイド氏が殺害された事件では、世界中でデモが行われ、人々は抑圧の象徴やシステムを破壊しながら、人種的な正義を求めて街に繰り出しました。

私たちは、2020年に家族が経済的に生き残るために、肩を並べて戦いました。パンデミックが発生した当初、私たちは緊急の必要性に対応するために、基金を立ち上げ、最も少ない人や最後の人に直接現金を援助しました。この仕事は新しく困難なものでしたが、想像を絶するプレッシャーにもかかわらず、崩れず、代わりに回復力と創造性を発揮して変貌を遂げたお客様の話を聞くことで、インスピレーションを得ることができました。年末には、1億5,200万ドルを超える支援金を集めて配布しました。これは、これまでに経験したことのない規模ですが、それでも効果的な支援を行うことができました。

まだまだやるべきことはたくさんあります。今年は、コミュニティを結びつける糸が単なる概念ではないことを再認識しました。コミュニティとは、生きるか死ぬかの問題であることを私たちは学びました。だからこそ、私たちは顔を出し、耳を傾け、声を上げ続けます。その声は、私たちが愛するようになった変化の甘い歌、すべての人が属する世界を歌う歌となるのです。私たちはMAFの設立以来、この歌に合わせて踊ってきましたが、2021年以降も皆さんに参加していただきたいと思っています。正義と喜びのために動き続けましょう。 

JOSÉ QUIÑONEZ
創設者兼CEO

価値観を行動に移す

2020年初頭、世界は不確実性のベールに包まれていました。それは、有色人種が不均衡に大きな打撃を受けているということでした。私たちは、取り残された人々のために立ち上がることを決意し、自分たちの価値観を北極星のようにして、未知の世界に足を踏み入れました。この危機的状況の中で、私たちは、人々の生活にタイムリーで適切なリソースを提供することを選択し、チームのたゆまぬ努力によって3つの新しいサービスを迅速に生み出しました:直接の現金支援、リカバリーローン、そして彼らのストーリーと声を高めるプラットフォームです。

ダイレクトキャッシュアシスタンス

パンデミックが発生した当初、私たちの標準的なサービスでは十分ではないという声をお客様から聞きました。私たちは迅速に「COVID-19緊急対応基金」を立ち上げ、衡平性の観点から、最後の一人まで経済的支援を行いました。1年間で、全国の43,000世帯以上に無制限の現金給付を行いました。

パートナーシップの構築

全国のパートナーと手を取り合って、連邦政府の救済措置から取り残された世帯を支援するために、1億5,200万ドルを集めるという、想像を絶するようなことを成し遂げることができました。私たちは、地域に根ざした組織の全国的なネットワークと協力して、地元の信頼できる情報源を通じて救援物資を提供し、最も重要なときに人々のために行動することを確認しました。

コミュニティの活性化

私たちは、コミュニティを動員し、2020年の重要な市民活動の場で人々の声を確実に届けるために、新たな活動を開始しました。この活動は、経済的な安定は、人々の経済的な選択以上のものであるという現実を反映しています。新しいキャンペーン、リソース、情報は、人々に変革をもたらす力を与えました。

瞬間への対応

どのチームも2020年の計画を立てていました。中には、綿密に練られたワクワクするような計画もありました。急速に変化する世界の風の中で、それぞれの計画が投げ出され、失われていく中で、それぞれのチーム、それぞれの組織、それぞれの人は、現れることを余儀なくされました。私たちがサービスを提供しているパワフルで回復力のあるお客様のように、私たちは現れて仕事を始めました。私たちは、融資プログラムに新たな柔軟性を加え、既存のサービスをオンラインに移行し、融資、助成金、コーチング、リソースなどを通じて、支援と連帯のメッセージを発信しました。

 

 

 

 

 

移民ローン

私たちは、排除と恐怖に満ちた敵対的な移民政策に反発し、帰属意識のメッセージを広めるために立ち上がりました。不当な移民料金の引き上げに反対し、移民が市民権やDACAなどを申請するための無利子ローンを利用できるよう、150万ドルの回転ローン基金を設立するために同盟国を動員しました。

 

 

 

 

 

 ビジネスローン

起業家精神は、クライアントのDNAの一部です。私たちは日々、生き残りと繁栄のために奮闘する中小企業の経営者たちと仕事をしていますが、2020年は彼らにこれまでにない試練を与えました。今年、私たちは新しいビジネスコーチングプログラムを立ち上げ、起業家のビジネスの立ち上げ、成長、アップグレードを支援する3種類のローンを提供しました。

 

 

 

Lending Circles

2020年の金融危機は、私たちが危機に瀕したときにいかにコミュニティに依存しているかを浮き彫りにしました。不況で失業者が続出する中、1,600人以上の人々が仮想的に集まってレンディングサークルに参加しました。顧客は自ら立ち上がり、コミュニティを作り、お金の貸し借りをして相互扶助に努めました。

コミュニティを行動に移す

人々の経済的な安定は、個人の経済的な選択だけでなく、多くの場合、市民生活にもすべて関係しています。そのため、2020年には、「モビライゼーション」を成長分野に加え、スタートアップスタジオのsuper{set}と提携しました。この新たなパートナーシップにより、最高のテクノロジーを駆使して関連性の高いキャンペーンを展開し、人々を行動に移させることができるようになりました。

  • 2020年国勢調査

    10年に一度の機会に、私たちは2020年の国勢調査キャンペーンを展開し、「手が届きにくい」と思われがちな低所得者層や移民のコミュニティの数を確実に数えられるようにしました。その結果、SMSのようなアクセスしやすいチャネルを使って文化的に適切なメッセージを送ることで、国勢調査への参加率が大幅に向上することがわかりました。

  • Get Out the Vote

    2020年の総選挙に向けて、私たちは独自の「Get Out the Vote(GOTV)」キャンペーンを展開することにしました。このキャンペーンでは、参加資格の有無にかかわらず、自分の投票と声を、みんなのための未来を築くための強力なツールとして活用してもらえるよう、ターゲットを絞った適切なメッセージングを行いました。

  • 上院法案1157号

    今年、私たちはカリフォルニア州議会で上院法案1157号を共同提案し、通過させました。この法案は、補助金付き住宅に住む入居者に、家賃報告書を通じて信用を築く機会を提供するという、歴史的な新しい道を開くものです。

コミュニティの力

この激動の1年で明らかになったことは、危機の時にはお互いに頼り合うということです。前例のない課題に対応するため、私たちはパートナーへのコミットメントを深めました。Lending Circlesネットワークに7つの素晴らしい団体を迎え入れ、VAFナショナル・コンベンショナルの役割を担い、公共部門のパートナーと協力して、移民家庭に直接現金支援を行いました。

Lending Circlesコミュニティ

ウェルズ・ファーゴ社とのパートナーシップのもと、私たちは2020年を迎えるにあたり、Lending Circlesをそれぞれのコミュニティに導入することに関心のある非営利団体を探すために、全国的なLending Circlesコミュニティ・キャンペーンを開始しました。全国の30以上の団体から関心が寄せられた後、7つの素晴らしい団体をLending Circlesネットワークに迎え入れました。.

財務支援サービス(VAF)について

私たちは、VAF National Convenerとして新たなリーダーシップを発揮し、全国のメキシコ領事館と協力して、メキシコ人に新しい現実に向けたリソースやツールを提供しました。また、CARES法による救済を受けるための手続きや、COVID期間中の米国の税制についてなど、タイムリーな情報やツールを提供するウェビナーを年間を通して開催しました。

政府とのパートナーシップ

また、2020年には、地方自治体や州政府とのパートナーシップも新たに強化されました。サンフランシスコからサンマテオ郡、さらにはカリフォルニア州の州都の階段まで、パートナーが協力して、直接現金を支給したり、移民申請の手助けをしたり、必要なリソースや情報を世帯に提供したりしました。

フィールドでの知見の共有

多くの人が見過ごされていると感じたこの年、私たちはCOVID-19の危機の中で低賃金労働者、学生、移民の家族が直面している現実に耳を傾け、理解しようと努めました。私たちは、家族がどのように生き延びているかを現場に伝え、この新しい現実の中で人々とどのように向き合うべきかを学ぶために、クライアントのストーリー、課題、犠牲から得た学びを高めています。

 

 

 

 

インビジブル・スティル

連邦政府の救済措置を受けられず、何百万もの家族が生活費の確保に苦労しています。私たちは、家族が直面している現実を理解するために、11,000人以上の移民を対象に、他に類を見ない全国調査を企画・実施しました。今回の調査では、「COVID-19」における家族の生き残りと犠牲の知られざる物語に光を当てました。

 

 

 

 

パンデミックにおける教育

Rapid Response Insightsシリーズでは、カリフォルニア州の低所得層の大学生の経済生活を紹介しています。このシリーズでは、学生の経済的・教育的決断が家族とどのように結びついているのか、また、重要な時期にわずかな支援をすることで、学生の生活に大きな影響を与えることができるのかを探りました。

新しい現実の中でテクノロジーを使ってつながる

コミュニティのニーズが変化しても、私たちは自分たちの価値観を見失うことなく戦術を変えてきました。暗い嵐の中でも私たちを導いてくれる道標として、私たちは、人々が置かれている状況に対応し、タイムリーで適切な製品やサービスを構築するという約束を守り続けてきました。オフィスがリビングルームに変わっても、私たちは低所得者層のために最高のテクノロジーを活用するという地道な活動を続けています。

想像できないことを実現する

未知の世界であったこの年、私たちの作品は想像をはるかに超える規模で成長しました。支援者やパートナーのコミュニティ、最高のテクノロジー、そして低賃金労働者や移民家族、有色人種との10年以上にわたる活動の経験があったからこそ、私たちはこれまでの活動とは桁違いの規模で活動することができたのです。

プログラム&サービス

  • 2,600+
    ゼロ金利ローン

  • 650+
    1対1のファイナンシャル・コーチング・セッション

  • 15,000+
    MyMAFのダウンロード

サポート

  •  57,500+
     お問い合わせ

  •  20,000+
     リソース&リファーラル

  •  120+
     プログラム・ウェビナー

ファイナンシャル・レジリエンスの維持

何かをすると言うのは一つのことです。それを実現するのは、まったく別のことです。これこそが、2020年に私たちのチームが率先して行ったことであり、切実に必要とされているドルを正確かつ効果的に顧客の手に届けることができました。2019年に比べて800%と規模が大きくなったため、この取り組みには洗練されたインフラ、慎重な追跡システム、そして献身的なチームが必要となりました。

困難に立ち向かう力

COVID-19のパンデミックによる混乱の大きさにもかかわらず、私たちはこの未曾有の時代に地域社会に寄り添う姿勢を崩しませんでした。スタッフの24時間体制の努力により、2020年には1兆2,800万ドル以上の資金を直接人々の手に渡すことができました。さらに、1億5,200万円を超える財政支援も行いました。MAFのビジョンを信じ、その実現に向けてメンバー一人ひとりが意欲的に取り組んだからこそ、基本的な基盤を維持しつつ、これまでの限界を大きく超えることができたのだと思います。

コミュニティへの取り組み

3月の束の間、私たちは息をのんで、苦境に立たされている国に効果的で持続的な救済という奇跡を期待しました。党派的な政治の重みでその希望が崩れ去ったとき、私たちは必要性を満たすために迅速に行動しました。民間の財団や寄付者は、MAFが誠実で効果的な活動を行うことを信頼して、私たちに参加してくれました。2020年、私たちの総収入は2019年と比べて800%以上増加しました。これは、私たちのチームとパートナーの両方が、従来のアプローチを覆す規模とスピードで例外的に対応した結果です。

新しい世界を再構築する

2021年は、希望と約束に満ちた年です。COVID-19ワクチンの開発が進められ、DACA(Deferred Action for Childhood Arrivals)プログラムが復活し、新政権が民主主義の力を再認識させてくれました。希望に満ちた2021年に向けて、私たちは新しい年の約束を果たせるように行動を起こしています。2020年末には、マッケンジー・スコットをMAFのサポーター・ファミリーに迎えました。私たちは、強力な支援者のコミュニティに支えられながら、私たちの価値観である「人々の声に耳を傾け、その声を確実に届けること」を大切にしています。私たちは、この進化する現実の中で人々と出会うために、より大きく考え、より大胆な計画を立てています。私たちは、最高のテクノロジーとプログラムを人々のために活用し、新しい世界を一緒に再構築するためにチームを組んでいます。

を見据えています。

ENGAGING。 すべての人のためになる新しい世界を再構築するには、ビジョンが必要です。私たちは、これまでの歴史の中で行ってきたように、クライアントの声に真摯に耳を傾け、何をすべきかを評価し、構想を練っています。そして、その過程のすべての段階で、クライアントのストーリーや経験を、現場に役立つ洞察力に変換しています。

ADAPTING。 2020年という年が何度も示したように、私たちは来るべきものに備えなければなりません。があることを知っています。 変化は目前に迫っており、私たちはその準備ができています。米国の新政権は、何百万もの家族の現実を変えようとしており、包括的な移民制度改革と市民権を得るための明確な道筋を約束しています。DACAが復活し、さらに大きな変化が期待されている中、私たちは、経済的な障壁が、人々が長い間待ち望まれていた移民の救済と保護を受けることを妨げることのないよう、準備を進めています。

MOBILIZING(モビリゼーション)。 変化をもたらすには、すべての人の声を聞いてこそ可能になります。10年に一度の国勢調査キャンペーンや、極めて重要な「Get Out the Vote(投票に行こう)」キャンペーンで得たモメンタムを基に、私たちは人々を動員し、声を大きくしていきます。私たちは、2021年に向けて人々の市民権を獲得し、その声を確実に届けるために、キャンペーンプラットフォームを微調整しています。

CHALLENGING(挑戦)です。 変化を起こすためには、取り残された人々や目に見えないと思われている人々についての主流の物語に挑戦することが重要です。私たちは、COVID-19 Rapid Response Fundで得た知見を現場に伝え、物語を変え、変化をもたらすためのプラットフォームを活用しています。私たちは、情報に基づいたアプローチにより、影で暮らす人々の存在を明らかにし、彼らの経験に耳を傾け、認識してもらうことを目指しています。

ミッション資産基金は501C3組織です

Copyright©2021Mission Asset Fund。全著作権所有。

Japanese