Aqui: Lending Circles with filipinos in L.A.


アキはあきらめなかった。数カ月ごとにホセに電話をかけ、準備ができているかどうかを確認した。今では、彼女の組織であるPWCが、MAFのソーシャル・ローン・プログラム一式を提供している。

"カリフォルニア州では、アジア系アメリカ人の中でフィリピン人が最大の人口を占めているにもかかわらず、誰も低賃金のピリピーノ労働者の問題に取り組んでいませんでした。そのため ピリピノ・ワーカーズ・センター が結成されました」と語るのは、Pilipino Worker's Centerのエグゼクティブ・ディレクターであるAquilina Soriano-Versoza氏。

アクイが毎朝仕事に行くのは、変身することに喜びを感じるからだ。

予約されたものを見るのが好きなのです。 家庭内労働者 そして、自信に満ちたリーダーやアドボケイトになる。彼女はまた、彼らが経済的な改善のために努力していることにも気づきました。カリフォルニアの移民であれば、銀行口座を持つことはできても、ローンを組むことはできません。必ずしも信頼できるとは限らないインフォーマルなネットワークを利用しなければならないのです」。家族や友人が近くにいないドメスティックワーカーは、いざというときに困ってしまいます。"私たちのメンバーは、最低賃金以下で住み込みの介護士として働いています。私たちのメンバーは最低賃金以下で住み込みの介護人として働いています。クライアントが亡くなると、仕事も居場所もなく、ほとんどの場合、貯金もありません」。

アクイは、手頃な価格のクレジットを利用できないと、お客様が予期せぬ出費で経済的危機に陥ることを認識し、ホセに電話してパートナーシップを提案しました。ホセは興味を示しましたが、当時、Mission Asset Fundはベイエリアでの事業拡大に注力していました。しかし、アキはあきらめませんでした。彼女は数ヶ月ごとにホセに電話をかけ、まだ準備ができていないかどうかを確認した。

それから約1年後、タイミングを見計らって、2つの団体が協力してLending Circlesをロサンゼルスで開催することになりました。の協力を得て LA2050への挑戦そして、このパートナーシップは拡大していきました。PWCは現在、低所得者層の顧客に一連のソーシャルローンプログラムを提供しています。Lending Circles」、「Lending Circles for Citizenship」、「Lending Circles for Dreamers」、「Security Deposit Loans」です。

新天地での生活

2013年秋、PWCは新たなオープニングを迎えました。 ローコスト住宅団地 をロサンゼルスに建設しました。このビルには45の住戸があり、低所得者でも収入や家族の人数に応じて、月$300という低価格で借りることができます。しかし、敷金を用意するのも一苦労です。そこでAquiは、敷金ローンプログラムを提供しています。最初の入居者が決まったのは2014年初頭。

Aquiは、「Mission Asset Fundは、信じられないようなバック・ストラクチャーを作ってくれて、それはとても簡単でした。ホセさんのおかげで、地元の銀行から最初の資金を得ることができました。今は、このプログラムを継続的に拡大していくために、さらなる資金を得たいと思っています」と語っています。"

PWCでは、メンバーがLending Circlesと呼んでいます "パルワガン".メンバーの一人、マナは人身売買のサバイバーで、2年間家に閉じ込められ、犬用のベッドで寝ることを余儀なくされていました。PWCとLending Circlesの支援により、マナの生活は一変しました。彼女は毎月お金を貯め、人間関係を築くようになりました。

ロサンゼルスのフィリピン人家庭内労働者にとっては、そのような関係が新しい仕事につながることもあります。Lending Circlesグループが集まると、メンバーはそれぞれの苦労や成功を分かち合います。パルワガンでは、誰かが仕事を探していると言います。するとどうなると思いますか?他のメンバーがその人のために仕事を見つけてくれるんです」。詳しくはこちらをご覧ください。

ミッション資産基金は501C3組織です

Copyright©2021Mission Asset Fund。全著作権所有。

Japanese