ボニ自給自足の物語

今日、ボニはアメリカでの生活について謙虚な自信を持って語っています。ボニはアメリカで生活した5年間で、経済的な安定を手に入れました。慣れない環境や金融システムを、力強く、そして賢明に乗り切ってきたのです。

ボニの物語は、移民コミュニティのトレードマークである自立と自給自足の物語でもあります。自分の道のりと見識を私たちに語りながら、彼は言う。

"こういうことを考えるスペースがあるのはいいことだ。自分の旅を振り返る時間を持つことはあまりありません」。

ボニはメキシコのプエブラの郊外で育ちました。

ボニの家系はアステカの先住民族であり、彼は母国語を話して育った。 Nahuatlの代わりにスペイン語を使用していました。母、父、4人の兄弟と一緒に暮らしていました。

彼の家族は裕福ではなく、彼らは以下の考えを信じていた。 "what you have is what one's yours"

"メキシコでは、裕福でなければ、ローンは自分で穴を掘るようなものだと考えられています。"

クレジット は、ボニにとっては異質なものだった。ボニによると、メキシコでは クレジット は、裕福な地域や大規模な事業を行う経営者のみが利用していました。また、メキシコの金融機関には信頼性が感じられないものが多く、ボニの家族もそうした金融機関には近づかないようにしていた。ボニがメキシコに住んでいた頃、地域住民と銀行のスタッフとの間に不幸な出来事があったことを耳にしました。数人の地域住民がその銀行に普通預金口座を開設し、自分たちの稼ぎを預けていた。数週間後、そのお金がなくなっていて、支店長はその問題を解決するのに役に立たなかったのです。

27歳のとき、ボニは就職して経済的な安定を得るために渡米しました。

"この国にはより多くのチャンスがあるとよく耳にするので、どうすればここに来て自分の生活を向上させることができるかを考えるようになります。"

アメリカに来てすぐに、ボニはクレジットや金融の主流になることが誰にとっても必要であることを実感しました。カリフォルニアに来たばかりの頃、ボニは基本的なことに集中していました。どうやって収入を得ようか?どこに住もうか?どうやって食事を確保するのか?

"アメリカに来てもお金がないので、最初はクレジットの心配をしません。渡米した初日は、何を食べ、何を暮らし、何を着るかを心配するのです」。


住まいと仕事を見つけた後、ボニの生活にはクレジットヒストリーの必要性が忍び寄ってきた。リフォームが得意なボニは、建築関係の仕事を簡単に見つけることができた。彼は個人事業主で、プロジェクトの規模が大きくなるにつれ、機器リース会社からより多くの製品を借りる必要が出てきました。しかし、機材をレンタルするためには、クレジットヒストリーを証明する必要があった。彼がこの条件を知ったのは、機器リース会社に断られた後のことだった。

ボニは、友人にレンタルを代行してもらうという選択肢もありましたが、レンタルのプロセスにオーナーシップを求めていました。他人に負担をかけたくないし、相手の都合に合わせたくもない。そのためには、自分の信用を高めるための投資が必要だったのです。

ボニは、自分の信用を高めて自立した生活を送りたいと考えていました。

というマントラを聞いて育ってきました。 "あなたが持っているものは、あなたのものです。" ボニは本能的に「借金をして信用を作りたくない」と思っていました。

ボニが住んでいた地域では、信用を得るために日用品の割賦購入が盛んに行われていた。いくつかの企業の担当者が地域の戸別訪問をして、日用品を販売するのだ。地域の人々は分割払いで商品を購入し、毎月の支払いが信用調査機関に報告されます。

この方法にはいくつかの理由があった。まず、この会社の分割払いプランには高い金利がついていました。第2に、同社は信用に関する教育を一切行っておらず、顧客は信用の仕組みを知らないままであった。3つ目は、ボニは「お金を持っていないと、何もできない。自分の持っているものは自分のものだ」と。 直感的に、借金をして信用を築くことを避けていました。

の旅行中に メキシコ総領事 サンノゼで身分証明書を取得した後、ボニはLending Circlesプログラムのプレゼンテーションに参加しました。このプログラムについてもっと知りたいと思ったボニは、領事館内にあるMAFの金融教育事務所に立ち寄り、MAFのファイナンシャル・コーチであるダイアナ・アダメと話をしました。ボニさんは最初、Lending Circlesプログラムに懐疑的でしたが、質問を重ねるうちに、最終的にはこのアイデアに賛同しました。しかし、質問を重ねるうちに、ボニさんはこのプログラムを気に入ってくれました。 丹田-。 ソーシャルレンディングの手法の名称 メキシコでのことです。突然、信用を築くということが、それほど馴染みのないことのように感じられました。ゼロ金利で信用を築き、少額の融資を受ければ、ボニは信用を築き、借金を避けることができます。

MAFは、2016年にサンノゼとサンフランシスコのメキシコ領事館でファイナンシャル・エンパワーメント・サービスを開始しました。サンノゼでは、MAFのファイナンシャルコーチ、ダイアナ・アダメが中心となって 金融機関との提携 は、直訳すると "金融の窓口 "という意味です。で、その ベンタニヤダイアナは、クレジット、貯蓄、予算など幅広いテーマでミニプレゼンテーションを行い、お客様の金融生活を個別にサポートしています。

ダイアナは、領事館での仕事を振り返るとき、家族のことを考えます。

"私の両親がアメリカに来たばかりの時に、Ventanilla Financieraに行く機会があれば良かったと思います。そうすれば、お金も時間もエネルギーも大幅に節約できたはずです。日々の生活の中では気づかないようなリソースがたくさんあります。そのようなリソースやサービスを知るには、地域のさまざまな場所に出向く必要があるのです。この仕事は、誰かが目標を設定し、それが手の届くところにあることを知る手助けをすることです。それは、もはや単なる夢ではありません。" とダイアナは言う。

2回のLending Circlesに参加した後、ボニはクレジットヒストリーを構築し、建設作業に必要な機材を借りることができました。

ボニは先日、ダイアナに自分のクレジットスコアについて報告しましたが、なんと699でした。また、最近、初めてのクレジットカードの承認を受けたそうです。ボニは今後もクレジットスコアを伸ばして、いずれはローンを組んで自分の建設会社を立ち上げたいと考えています。自立心の強いBoniは、いずれ自分の上司になることをとても楽しみにしています。

ボニに、この国で人生を築き始めたばかりの人たちへのアドバイスを聞いてみたところ、こんな答えが返ってきました。

"クレジットの構築は、できるだけ早く始めましょう。多くの場合、クレジットが必要になって初めてクレジット構築の重要性に気付きますが、これでは難しくなってしまいます。"

のようなサービスの重要性を挙げています。 金融機関との提携 をメキシコ領事館で開催しました。メキシコ領事館は、主に入国したばかりの人々を対象としているため、入国したばかりの移民に安全で信頼できる信用構築商品を紹介する絶好の機会となります。

"アメリカでは、クレジットがあれば、未来を築くための何かを作ることができるのです」とボニは言う。

もともとボニは、お金を貯めてメキシコに帰り、家族と一緒に暮らすつもりで渡米しました。しかし、この国で自分の未来を切り開いていくうちに、ボニはその時期をどんどん早めていった。彼はこの国で働くことを楽しみ、わずか数年で築いた自立を大切にしています。

ミッション資産基金は501C3組織です

Copyright©2020Mission Asset Fund。全著作権所有。

Japanese