チャンスを逃さないために:市民権を得るまでの私の人生


ソニードラから市民権を得るまでの道のり、そして今、Lending Circles para Ciudadaníaのおかげですべての機会を得ることができました。

一般的に、人々は自分の最初の記念日を紙で祝いますが、私は自分のやり方で祝うことが好きです。私は、アメリカで暮らし始めて14年目の記念日を、N-400という用紙で祝いました。このフォーマットは、私の母が実現させようとした約束でした。それは、私がアメリカの市民権を得るための機会です。多くの喜びと感動をもって、N-400フォーム、写真、パスポートと小切手が入った小さなパッケージを持って、4月1日に私を米国の市民権を得るための手続きを始めました。このシンプルな紙のパッケージは、私にとって世界を意味するものでした。それは私の努力であり、母の努力であり、妻の努力であり、より良い未来を約束するものでした。

私の移民の歴史は、私の母のことも、私のことも書いてあります。

私の母は、私たちをここに連れてくるために多くのものを犠牲にし、彼女にとって当時は特別な場所であるこの場所で私たちを育てるために、多くの障害に立ち向かいました。私の母は、暴力的な結婚生活から逃れるためにエルサルバドルを去り、生き延びるための最後の努力として、娘たちと自分の人生を地獄に捨てました。私たちがより良いものを手に入れるために、家族、仕事、そして私たちが知っている人生を捨てました。

私は11歳のときに母から2年後にエルサルバドルを離れました。そのとき、私の妻と私が再会してディズニーランドに行くという約束をしていました(私が知っている移民の子供たちのほとんどがこの約束をしていますが、私はこの旅を実現することができませんでした......残念です)。

ディズニーランドや映画だけではなく、カリフォルニア州のオークランドにも住んでみませんか?

私たちの最初のアパートは小さくて無愛想でしたが、そこには愛と涙がありました。その数年後、私はサンフランシスコに移住し、そこで海産物を食べることになりました。しかし、そのライスは、私が望んでいたように、地面に深く浸透することはありませんでした。

思春期になってから、私は自分が非正規雇用者であることの意味を理解しました。準備期間中、私が移民であるために、多くの機会を逃してしまいました。ワシントンD.C.を訪れた女の子のグループに参加できなかったのは、私が学校の責任者だったからです。また、社会保障番号を持っていなかったため、経験を積むためにパサンティアを申請することもできませんでした。

そして、人生の中で唯一の機会を逃すことになったのです。

私は好奇心旺盛で、新しい家を探検したいと思っていましたが、不法滞在者であるため、カリフォルニアだけを探検することになりました。その頃、私の友人以外の誰もが、私が非移民であることを知っていました。私はクラスの中でこのような状況に置かれている唯一の存在であり、大きなチャンスを逃してしまった理由を説明するのに苦労しました。

しかし、カリフォルニア大学ロサンゼルス校への入学には多額の費用がかかり、奨学金の申請もできなかったため、入学の機会を逃してしまいました。2006年、大学に入学を決めようとしたとき、不法滞在の学生のための支援制度はほとんどありませんでした。AB540を持っていたので、大学の学費を払うことはできましたが、市民の友人たちのように、Cal Grantsや連邦政府の学費補助に応募することはできませんでした。そこで、サンフランシスコの公立大学に通うことにしたのですが、社会保険の加入を必要としないチカーナ・ラティーナ財団奨学金のような奨学金のおかげで、大学を卒業することができました。

アメリカの住民になるために、移住の障害を克服するのに2年もかかったのですから、これは大変なことです。

米国の市民権を得るためには、居住者になってから3年が経過しないと申請できません。1年前、私たちが米国の住民になってから4年目の記念日を迎える前に、私の母と妹を米国に招待しました。 日本でのレンディングサークル.このプログラムを知ったのは、サンフランシスコ工科大学のCesar Chavez Instituteに通っていた時でした。このプログラムは、サンフランシスコ大学のCesar Chavez Instituteでの留学中に見つけました。 ファイナンシャル・プラニング 神社の敷地内にある個人の

学校の仕事をしているときに、MAFが提供しているさまざまなプログラムを知りましたが、その中に「学生のためのLending Circles」がありました。奨学金の申請に必要なお金が無駄にならないように、私たちは署名しました。私たち3人の場合、申請するだけで$2,000円以上の費用がかかりました。 サンフランシスコでは生活費が高騰しているため、母にとっては、毎日家賃を払うだけでなく、同じ時間帯に妹の大学進学を支援することが非常に困難になっています。El Programa nos ayudado a a hhorrar dinero cada mes para esta importante aplicación.Sabíamos que nuestro dinero estaría seguro with el programa de Lending Circle y que lo tendríamos disponible una vez que estuviéramos listas para afficar.

レンディングサークルのプログラムでは、市民権取得のための申請費用$680円を捻出するために、1人あたり$68円の月々の支払いを10日間行いました。

居住者になったことで、大きな喜びを感じています。彼は私が好きな仕事を手に入れることができましたし、私がたった一度しか行ったことのない場所にも行ってきました。Lending Circles me gustó tanto que supe que quería ser parte de MAF.Fue emocionante el unirme al personal de MAF en el verano de 2014 como Coordinador de Programas.私の仕事は、自分と同じような歴史を持つ人たちを助けることです。彼らには、私が米国で経験した不法滞在者としての困難や機会が見えているので、私は彼らの旅を助けるためにここにいるのです。今、私は市民権を得るためのプロセスに入っていますが、2016年の大統領選挙で私の投票権を行使できることを特に嬉しく思っています; ¡aquí voy!

今年の4月1日に市民権申請書を提出してから、面接や陪審員の手続きを続けているところです。私の母親にも同じことをするように勧めています。都市の中心部で開催される留学フェアに毎日参加したり、面接での質問に備えたり、勉強のために携帯電話に留学用のモバイルアプリをインストールするなど、親身になって一定の方法でサポートしています。私の目標は、彼女がこの1ヶ月の最後に戻ってくることです。

私は、母が市民権を得るための手助けをするために、できる限りのことをしたいと思っています。

私にとって、移住とは機会を得ること。超越することを意味しています。暴力や汚い家から抜け出して、新しい思い出や経験を自分の国と呼べる場所で作ることができる。アメリカでの生活は私に多くの機会を与えてくれましたが、同時に多くの苦悩もありました。

私の最初の思い出は、家族と一緒にアパートに住んでいたこと、9年間の移住生活を経て、最終的に市民権を得ようとしたときのことでした。A la vista de todo eso celebro, me animo y sonrío.

この祝賀会は、私だけのものではありません。この祝典は、私だけのものではなく、障害物やボフェターダ、ソブレノンブルに立ち向かい、平和と家族のためのより良い人生を求めて旅をしてきたすべての人々のためのものです。これらの勝利と戦いは、私の母や妻、そしてアメリカの市民としての私のより良い人生を見つけるために、私をより強くさせました。今、私は最後のパスを出した後、長く困難な道のり、記念日を祝うための役割、そして差し迫った市民権について考えています。

学生生活のためにLending Circlesを利用したいとお考えの方は、以下のウェブサイトに登録してください。 LendingCircles.org.

ミッション資産基金は501C3組織です

Copyright©2021Mission Asset Fund。全著作権所有。

Japanese