イノベーション。見えないものを見えるようにする


CEOのホセ・キノネスは、MIT Pressの「Innovations」誌で、MAFの誕生秘話を語っています。

以下の抜粋は、"Innovations:Innovations: Technology, Governance, Globalization "に掲載されたものです(MIT Press発行)。 エッセイの全文はこちら.

母が死んだのは、うちが貧乏だったからだと気づいたのは、20歳のときでした。

彼女は、私が9歳のときに亡くなりました。私は、貧困の中での生活の複雑で危険な性質を理解するには幼すぎました。当時の私は、雪崩のように押し寄せる悲しみと家族の変化を生き延びるために、自分の中のすべてのものをかき集めなければなりませんでした。

私は大人になってから、自分のつらい子供時代を受け入れました。今では、世界で苦しんでいる人々への深い共感の源となっています。

だからこそ、私は人生をかけて貧困対策に取り組んできました。

私がMission Asset Fund(MAF)の創立CEOになったのもそのためです。MAFは、勤勉な家庭のために公正な金融市場を作ることを目的とした非営利団体です。私がMAFに参加した2007年当時、MAFはサンフランシスコのミッション地区に住む低所得層の移民を支援する計画を立てた非営利のスタートアップ団体でした。

8年後、MAFは、人々が集まってお金の貸し借りをするソーシャル・ローン・プログラム「Lending Circles」を開発したことで、全国的に知られるようになりました。最先端のテクノロジーを駆使して、この目に見えない慣習を善の力に変えたのです。

プログラム参加者は、銀行口座を開設し、クレジットヒストリーを築き、高額な負債を返済し、貯蓄を増やすことで、略奪的な貸金業者の支配から自らを解放しています。彼らはビジネスに投資したり、住宅を購入したり、より良い未来のために貯蓄をしています。

Lending Circlesは、人々の生活の中にすでにある良いものに光を当てます。

そして、その光の中で、参加者は金融のメインストリームへの確かな道を切り開き、一歩一歩、真の経済的可能性を引き出しています。このプログラムの成功は、低所得者を軽視することなく支援するための新しい効果的な方法を示し、貧困対策のモデルとなっています。

これが実現するまでの舞台裏の話です。.

ミッション資産基金は501C3組織です

Copyright©2021Mission Asset Fund。全著作権所有。

Japanese