マイクロローン・スポットライトエルビア・ブエンディア(Cupcake Boss)さん


エルビアはデザートが大好きだったので、自分の心に従って自分のカップケーキショップをオープンしました。

エルビア・ブエンディアは、メキシコシティ郊外の小さな町で育ちました。6人兄弟の末っ子である彼女は、保護者と愛情にあふれた中所得者の家庭で育ちました。母親は農場で採れた新鮮な材料を使って、おいしい自家製のペストリーやケーキを作ってくれました。

エルビアは3年間コンピュータ・プログラミングを学び、その後結婚しました。数年後、家族にもっと多くの機会を与えたいと考え、夫と一緒にサンフランシスコに引っ越しました。

エルビアは、子どもたちと一緒に家にいて、コンピューター・プログラマーとして自宅で仕事ができると考えていました。しかし、なかなか安定した仕事を見つけることができず、子育てに専念したほうがいいと考えた。 ある日、息子に「一番好きなことは何?」と聞かれ、彼女はこう答えた。"お菓子作り "と答えました。

その時、すべてが変わった。

その後、エルビアが初めて家族のために作ったケーキは、レシピの中で調理温度を摂氏と華氏で間違えてしまったため、うまくいかなかった。

"皿の上にケーキを捨てると、ドスンと落ちてきたのを覚えています。息子は『ママがタイヤを作ったんだよ!』と言っていました」と笑いながら振り返る。

その後、エルビアさんは趣味としてケーキデコレーションやベーキングのクラスに参加しました。彼女が作ったケーキを友人やパーティーに持っていくと、人々は彼女にもケーキを作ってほしいと言いました。

"その時、ああ、私はビジネスを始められる!"と思ったんです。とエルビアは言う。

しかし、ビジネスを始めるのは簡単ではありませんでした。エルビアは当時、多額の借金を抱えていましたが、Mission Asset Fundに相談に来たことをきっかけに、マイクロローンの申請を勧められました。彼女は$5000の融資を利用して、冷蔵庫やビジネスライセンスなど、ベーカリーを成長させるために必要なものに投資しました。 La Luna Cupcakes」です。

手作りデザートを作ることは、多くの人にとって贅沢なことのように思えるかもしれませんが、エルビアさんにとっては一日の中で欠かせないことであり、心から楽しめば誰にでもできることだと考えています。

母親が教えてくれたように、カップケーキやケーキポップには新鮮な天然素材を使うことを信条としています。

レッドベルベット、モカチョコレート、ハネムーン・クランベリーオレンジなど、エルビアが提供する美味しいフレーバーのほんの一部です。ラ・ルナ・カップケーキは、オンライン・オーダーのみでスタートし、ラ・コシナのインキュベーターで運営されていました。エルビアさんは、注文された商品を配達したり、特別なイベントのために自分でケータリングをしたりしていました。

2013年、La Luna Cupcakesは、サンフランシスコのダウンタウンにあるCrocker Galleriaに実店舗を構えることができました。エルビアさんは、昨年12月に入社したご主人を含め、4人の従業員を雇用しています。

エルビアの人生は、彼女が夢見ていたものとは全く違う。

ビジネスを運営していると、セールスやプロモーションなどの課題があり、経済的にもストレスが溜まりますが、彼女はシンプルで楽な生活を送っていると言います。結婚して25年、22歳の娘と16歳の息子の2人の子供がいます。何年経っても、彼女の一番の楽しみは、オーブンを開けて焼きたてのカップケーキの匂いを嗅ぐことなのだそうです。

"母と一緒にキッチンで過ごした時間を思い出させてくれます」とエルビアは笑顔で語る。

今年の12月にはローンを完済し、「La Luna Cupcakes」の拡大を目指しています。彼女の目標は、さらに2つの場所に店舗をオープンすることであり、ビジネスを続けるモチベーションとして、子供たちの存在を挙げています。

"私がいつも教えているのは、何かを欲しがれば、それができるということです。自分の夢を信じて!"


Nesima Aberra は、Mission Asset Fundのマーケティングアソシエイト兼ニューセクターフェローです。ストーリーテリング、ソーシャルグッド、そしておいしい紅茶が大好きです。連絡先は以下の通りです。 [email protected].

ミッション資産基金は501C3組織です

Copyright©2021Mission Asset Fund。全著作権所有。

Japanese