ノラの旅。強さの物語

今日、ノラは家を買うことについて興奮気味に話してくれました。部屋の数、理想の地域、キッチンの飾り方などを話しています。2回目のレンディングサークルが終了した時点で、彼女はクレジットスコアと経済的な安定感を身につけ、すぐにその興奮を現実のものにしようとしています。しかし、ノラさんの現在の成功の裏には、Lending Circlesの参加者の多くが何十年にもわたって生きてきた、弾力性と臨機応変さを備えた方法に光を当てる物語があります。

アメリカン・ドリーム」を目指して

メキシコの西海岸に位置するミチョアカン州で生まれました。自分と家族の明るい未来を求めて、1988年にロサンゼルスに移住しました。

メキシコからロサンゼルスに移住して3年後、ノラは結婚した。二人ともよく働き、よく貯金をして、二人の生活を築き上げていった。やがて二人は家を購入し、商業用トレーラーを販売する運送会社を設立した。

彼らは自分たちの業績を誇りに思っていた。非常に困難な仕事ではあったが、彼らは "アメリカンドリーム "を実現する道を歩んでいると感じていた。

大不況がすべてを変えた

しかし、2007年、ノラは、米国に住む何百万人もの人々とともに、大不況の犠牲者となった。それは、全米の家庭の財産が壊滅的な打撃を受けた時代でした。 特に移民のコミュニティや有色人種のコミュニティ.ノラと彼女の夫は、推定では 1000万人のアメリカ人が避難した 2007年から2011年にかけて、自宅から.家と一緒に、自分たちが苦労して築き上げた運送事業も失ってしまったのだ。ノラと夫は破産申請をせざるを得なくなり、借金はどんどん膨らんでいった。

債務負担の軽減

数年後、人生を立て直すための一歩を踏み出す力が少しずつ湧いてきたノラは、次のように訪れました。 メキシカン・アメリカン・オポチュニティ・ファンデーション(MAOFロサンゼルスに拠点を置く非営利団体で、カリフォルニア州のラテン系コミュニティに経済的な機会を提供するとともに、メキシコ系アメリカ人の文化の誇り、価値、遺産を讃え、向上させることを目的としています。

MAOFで働き始めてすぐに、スタッフは彼女を債務削減プログラムに登録しました。忍耐力を身につけたノラさんは、数年のうちに1TP2万円あった借金をわずか1TP2万円にまで減らすことができました。借金という重荷はもはや彼女を覆っておらず、彼女は自信と希望に満ち溢れていました。借金取りからの嫌がらせに怯えることなく、毎日仕事に向かうことができたのです。これは解放感です。  

"債務整理をした時の安堵感は言葉では言い表せません。それまではストレスが溜まっていたからね。まさに勝利でした。"

損失に直面したときのレジリエンス

2014年、ノラは再び計り知れない試練に見舞われました。夫を突然の病気で失ったのです。壊滅的な個人的損失に対処すると同時に、病院や家の支払いを一人で管理しなければなりませんでした。

彼女は、生活を縮小して新しい街に引っ越す時が来たと考えました。新しい生活と経済的な制限に適応することは、ノラにとって厳しい移行でした。クレジットスコアが高くなければ、快適な生活を送るためのアパートを手に入れることは難しく、生活費を稼ぐためにクレジットカードを申請することもほぼ不可能でした。MAOFのスタッフとクレジットスコアを構築する方法について話をした後、彼女はLending Circlesを紹介されました。

MAOFは、2014年からLending Circlesプロバイダーとして、Lending Circles、市民権取得のためのLending Circles、DACAのためのLending Circlesを提供しています。これまでに、約200人のクライアントにサービスを提供し、$100,000以上の融資額を生み出しています。

ノラさんは、2016年にLending Circlesプログラムに参加して、クレジットの修復に専念することにしました。最初のレンディングサークルを終えてから数ヶ月で、ノラさんのスコアは400から660に上がりました。彼女は数年ぶりにクレジットカードを申請したところ、喜びと誇りを持って承認されました。ノラはその後、2つ目のレンディングサークルに参加し、引き続きクレジットスコアの向上に努めています。

ノラさんは、破産や借金などの困難に負けず、夢を追い続けてきました。

彼女はこの「クンディナス」(スペイン語で非公式のLending Circlesを意味する)に参加することで、クレジットスコアを回復し、最終的には住宅を購入することを目標としています。"見知らぬ家族との共同生活にはうんざりしています」。彼女は、最初の家を購入し、運送業のビジネスを立ち上げた後の、米国滞在の最初の数年間を思い出しています。彼女の旅は厳しいものでしたが、新しい扉が開き続けることを、彼女は確信しています。"まだまだ長い道のりですが、私にはできると思っています」。

マリア・ペレスさんのご協力に感謝します。マリア・ペレスさんは、メキシカン・アメリカン・オポチュニティ・ファンデーション(MAOF)のLending Circlesプログラムのコーディネーターを務めています。

ミッション資産基金は501C3組織です

Copyright©2021Mission Asset Fund。全著作権所有。

Japanese