チャンスを逃さないために:市民権を得るまでの私の人生


Lending Circles for CitizenshipでDREAMerから米国市民になった私の軌跡

一般的には1周年を紙で祝うことが多いのですが、私は自分のやり方でやりたいと思っています。私はアメリカ生活14周年を、N-400フォームという紙で祝いました。このフォームは、私の母が交わした約束が実現したものです。私がアメリカの市民権を得るための機会なのです。たくさんの喜びと興奮に包まれながら、N-400フォーム、パスポートの写真、そして小切手が入った小さなパッケージを手に、私は4月1日に米国市民になるための手続きを始めました。このシンプルな書類は、私にとって世界を意味するものです。それは私の闘いであり、母の闘いであり、姉妹の闘いであり、より良い未来を約束するものなのです。

私の移民の話は、私と同じように母の話でもあります。

母は多くの犠牲を払って私たちをここに連れてきてくれましたし、当時、母にとっては異国の地で私たちを育てるために多くのことを克服してくれました。母は、暴力的な結婚生活から逃れるためにエルサルバドルを離れ、娘たちと看護師としての生活を残して、生き延びるための最後の努力をしました。家族や仕事、自分の知っている人生を捨てたのは、私たちがより良いものを得られるようにするためだったのです - 自分が得られる以上のものを。

私は母の2年後、11歳のときにエルサルバドルを出国しました。そのとき、妹たちと私は母と再会し、ディズニーランドに行くという約束をしました(私が知っているほとんどの移民の子どもたちは、その約束をしてきますが、私たちはその旅をすることができませんでした...まだ)。

ディズニーランドや映画スターの代わりに、私は風光明媚なカリフォルニア州オークランドに住むことになったのですが、これがまたかっこいいのです。

最初のアパートは狭くて窮屈でしたが、そこには愛と笑いが詰まっていました。数年後、私はサンフランシスコに移り住み、根を張ることができました。しかし、その根っこはすぐには思ったように土の中に深く入り込むことができませんでした。

私は10代の頃に、非正規雇用の本当の意味を知りました。高校時代、私は自分のステータスのために、多くのチャンスを逃しました。学校に迷惑をかけるという理由で、ワシントンD.C.を訪れる女子グループに参加することができませんでした。また、社会保障番号を持っていなかったので、経験を積むためのインターンシップに応募することもできませんでした。

そして、一生に一度のチャンスを断らなければなりませんでした。

好奇心旺盛な私は、新天地を開拓したいと思っていましたが、非正規雇用のため、カリフォルニア州の開拓には限界がありました。当時、私が非正規雇用であることは、親友以外は誰も知りませんでした。上級生の中でそのような状況にあったのは私だけで、多くの素晴らしい機会を断らなければならない本当の理由を説明するのが怖かったのです。

その後、カリフォルニア大学ロサンゼルス校に入学する機会を得ましたが、費用が高すぎて学資援助を受けることができなかったため、入学を断念せざるを得ませんでした。私が進学先を決めた2006年当時、非正規雇用の学生のためのリソースはほとんどありませんでした。AB540という制度があり、州内の授業料を支払うことができましたが、市民の友人のようにCal Grantsや連邦政府の学資援助を受けることができませんでした。結局、サンフランシスコ州立大学に進学しましたが、社会保障番号を必要としないChicana Latina Foundation Scholarshipの奨学金のおかげで大学生活を送ることができました。

軽々しくは言えませんが、2年以上かけて移民のハードルを乗り越えて米国の住民になりました。

米国市民になるためには、居住者になってから5年経たないと申請できません。1年前、米国居住者になって5周年を迎えるのを見越して、私は母と妹を誘って シチズンシップのためのレンディングサークル.私がこのプログラムを知ったのは、サンフランシスコ州立大学のCesar Chavez Instituteでインターンをしているときでした。このプログラムは、サンフランシスコ州立大学のCesar Chavez Instituteでインターンをしているときに知りました。 ファイナンシャル・プラクティス ミッション地区の個人の

学校で働いているときに、MAFが提供しているさまざまなプログラムについて知りました。そのうちのひとつが「市民権取得のためのLending Circles」です。市民権取得のための申請に必要なお金が止まらないように、登録しました。私たち3人の場合、申請するだけで$2,000以上の費用がかかりました。 サンフランシスコでは生活費が高騰しているため、母が家賃を負担しながら妹の大学生活を支えるのは難しくなっていました。このプログラムのおかげで、毎月、この重要な申請のためにお金を貯めることができました。レンディングサークルのプログラムでは、お金が安全に保管され、申請の準備ができたらすぐにアクセスできることがわかっていました。

レンディングサークルのプログラムでは、市民権申請費用の$680円を捻出するために、毎月$68円の支払いを10ヶ月間続けました。

居住者になったことは、とても幸せなことでした。好きな仕事に就くことができ、数年前には夢にも思わなかったような場所にも行くことができました。私はLending Circlesをとても気に入っていたので、MAFの一員にならなければならないと思っていました。2014年の夏、プログラム・コーディネーターとしてMAFのスタッフに加わることができ、とても嬉しく思っています。この仕事では、私と似たようなストーリーを持つ人々を支援することができます。私は彼らの中に、米国での非正規滞在者としての自分の経験から得た課題や機会を見出し、彼らの旅の手助けをしたいと思っています。今、私は市民権を得るための手続きを進めていますが、特に2016年の大統領選挙で自分の投票権を正式に表明できることを楽しみにしています。

今年の4月1日に市民権申請書を提出し、面接の手続きを続けて宣誓するのを待っているところです。私は母にも同じことをするように勧め続けています。市内で開催されるシチズンシップ・フェアの最新情報を伝えたり、面接で聞かれる質問の準備をしたり、小さなことですが根気よく手伝ったりしています(外出先でも勉強できるように携帯電話にシチズンシップ・アプリをインストールするなど)。 私の目標は、彼女が今月末までに申請することです。

私は、母が市民権を得るためにできる限りのことをしたいと思っています。それは、母が私たち姉妹に多大な支援をしてくれたように。

私にとって、移民はチャンスを意味します。それは生存を意味します。壊れた家庭の暴力や傷を取り除き、自分の国と呼べる国で新しい思い出とインパクトを作ることを意味します。米国での生活は、私に多くの機会を与えてくれましたが、同時に苦難もありました。

姉妹と母と一緒に狭いワンルームマンションに住んでいた幼少期の記憶から、非正規雇用のために9年間影に隠れていたこと、そして市民権を得るための最終面接を受けたことまで。このような状況に直面しても、私は祝福し、応援し、微笑むのです。

この祭典は私のためだけではありません。この祝賀会は、平和と家族のためのより良い生活を見つけるための旅の中で、すべての障害物、すべての平手打ち、すべての名前を乗り越え、苦労して戦ってきたすべての人のためのものです。これらの勝利と苦闘は、私を母や姉妹に近づけ、米国市民として自分自身のためのより良い生活を見つけさせてくれました。今、私は最後の一歩を踏み出しながら、長く険しい道のり、記念日を一緒に祝った紙、そして間近に迫った市民権を振り返っています。

Lending Circlesをシチズンシップに活用したい方がいらっしゃいましたら、ぜひ以下のサイトでサインアップしてください。 LendingCircles.org.

ミッション資産基金は501C3組織です

Copyright©2020Mission Asset Fund。全著作権所有。

Japanese