Pilar's Story:プリンスとホームオーナーシップへの頌歌

ピラーは今年、ホームオーナーになって1年の記念日を迎えました。彼女の家は、ミネアポリス南部の美しく、居心地の良い、穏やかな場所にあります。彼女は、幼い頃に母親が作ってくれた温かく愛情のこもった家を思い出し、自分で作ることができた家に誇りを感じている。

 

ミネソタ州の小さな町で育った大胆で情熱的な少女だったピラールは、母親との関係が非常に密接で、お互いに頼りにしていました。 

ピラーの母親は、工場での仕事をいくつもこなしながら、片親として生活費を稼ぐのに苦労していました。経済的な困難にもかかわらず、母親はピラールに温かく愛情のこもった子供時代を与えました。母親は娘にあらゆる機会を与えるようにしました。ピラーがダンスに夢中になると、母親はピラーにバレエのレッスンを申し込み、パフォーミング・アーツ・スクールに通わせました。

高校時代のピラールは、チアリーダーであり、ダンサーであり、ミュージシャンでした。自分の意見を述べたり、自分の好きな服を着たりと、自分を表現することを恐れませんでした。 彼女は80年代に映画「パープル・レイン」とミュージシャンのプリンスに憧れた子供でした。彼女は自分とプリンスが似ていると感じていました。どちらもミネソタ州の人々に馴染めず、大成することを夢見ていたのです。

"プリンスは貧困の中から生まれ、少ない資源で多くのことを成し遂げることができました。彼は人々に自分もできるという希望を与えてくれました。彼は私の人生に大きな影響を与え、私は彼の音楽を聴いて辛い時を乗り越えました」。

努力の結果、奨学金を得てセント・メアリー大学に進学したピラールは、母親にとって大きな誇りだった。 

彼女は職業人生を公共サービスに捧げ、最終的にはProject for Pride in Living (PPL)での仕事のオファーを受けてツインシティに移り住みました。PPLは、ミネアポリスにある受賞歴のある非営利団体で、低所得者や家族の自立を支援しています。ピラーは今やPPLの顔となっています。彼女はPPLのラーニングセンターでフロントデスクを担当しており、ドアを開けて入ってくる人たちの最初の窓口となっています。彼女は毎日のように個人的な話を聞いています。

"お客様には、最初にオフィスに入ってきたときに、自分の能力を知っていてほしいといつも思っています。PPLに入ってくる人たちの話を聞くと、その人たちのストーリーや背景が理解できます。共感できるのです。これは私にとって単なる仕事ではなく、使命なのです」。

PPLでは、雇用プログラムやトレーニングプログラムを用意しており、プログラムを修了した参加者には卒業式を行っています。卒業生は、卒業式でピラールに感謝の言葉を述べ、「彼女の励ましと笑顔があったからこそ、契約し、継続することができた」と語ることが多い。

 

ピラーがLending Circlesのことを知ったのは、Project for Pride in Livingのスタッフ仲間であるヘンリーからでした。PPLは2015年に初めてLending Circlesの提供を開始し、これまでに40人以上のクライアントにサービスを提供し、$13,000円強の融資額を生み出してきました。

ヘンリーは彼女にレンディングサークルに登録することを勧めました。そうすれば、参加希望者にプログラムをよりよく説明することができ、自分自身の経済的な目標に向けて努力することができます。当時、ピラールはクレジットを持っていませんでした。借金まみれになる人の話を聞いていたので、クレジットカードは避けたかったのです。クレジットの経験は学生ローンのみで、クレジットスコアを得るには十分なクレジットヒストリーではなかったのです。  

彼女はクレジットカウンセラーと会い、クレジットスコアを高めさえすれば、住宅購入が可能であることを初めて実感しました。このニュースに刺激されて、ピラールはレンディングサークルに登録しました。彼女のグループでは、毎月$50の寄付をすることが決められており、各メンバーが自分の経済的な目標について情報を共有することで、グループに親近感を覚えました。融資を受けるとき、ミネソタ州は6月の終わりで、うだるような暑さでした。融資を受けたピラールは、必要なエアコンを購入しました。ピラーさんは当時、給料日前の生活をしていましたが、レンディングサークルの資金がなければ、エアコンを購入することはできませんでした。彼女だけでなく、暑さに苦しんでいた2匹の犬(レスキューされた兄妹)にとっても、エアコンは救いでした。彼女は、レンディングサークルに添付されていた金融教育のビデオを「目が覚めた」と表現しました。ピラーは初めて、予算を管理することに安心感を覚えました。

"おかしな話かもしれませんが、正直なところ、請求書を期限内に支払わなければならないことを知りませんでした。"

 

ピラーさんは今、誇り高き住宅所有者です。"レンディング・サークルとヘンリーとの出会いがなければ、可能だとは思わなかったでしょう」と彼女はプロセスを振り返ります。家の話になると、ピラールさんの表情が一変します。彼女はこの家を「自分がなりたい自分になれる場所」と表現します。仕事でストレスの多い一日を過ごした後は、素晴らしい休息を与えてくれます」。

しかし、ピラールにはさらにボーナスがあります。彼女の家は、地元では「パープル・レイン・ハウス」と呼ばれる、1984年に公開されたプリンス主演の映画に登場した特別な家のすぐ隣にあるのだ。

ピラーは、この家の購入が運命的なものであったことを知っています。プリンスが亡くなって1年後、彼女の家の近所にはファンが押し寄せました。 雨の中、パープル・レイン・ハウスに集まってきました。ピラーはプリンスの隣人になることはなかったが、今でも彼の存在と彼の遺産の魔法を近所に感じている。夜になると、地下室から紫色の光が見えてくるんですよ。本当に何かあるのよ」と笑う。

ホームオーナシップについて、ピラールは「不可能だと思っていました。だからこそ、どこにいようとも可能であることを知ってほしい」と語っています。

ミッション資産基金は501C3組織です

Copyright©2021Mission Asset Fund。全著作権所有。

Japanese