メインコンテンツにスキップ

ヒスパニック系住民と住宅取得の格差

アメリカの大多数のラテン系住民は、家を持つことを望んでいます。地域の活動家たちがそう言い、調査でもそれを裏付けています。Zillow Housing Confidence Index Surveyのヒスパニック系回答者の70%が、アメリカンドリームを実現するためにはマイホームを持つことが必要だと答えています。

組織によっては、信用を築くために、移民の小グループが互いに貸し合うゼロ金利ローンのようなソリューションを提供しています。彼らの毎月の支払いは信用調査機関に報告され、給料日前のローンに頼らずに済むように、一般的な融資を受けられるようになります。

ホセ・キノネスは、2016年のマッカーサー・フェローで、サンフランシスコで「Mission Asset Fund」を運営しています。そのレンディングサークルモデルは、信用構築を目的とした移民の小グループ間での貸し出しを促進するものです。支払いは信用情報機関に報告される。

続きを読む

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください