ソニアシカゴのホームオーナーになるために


The Resurrection ProjectのLending Circlesによる信用とコミュニティの構築

ソニアは、1年前にプエルトリコからシカゴに来たとき、心機一転したいと思っていた。離婚を経験したことで、彼女の信用情報には傷がついていた。

低いクレジットスコアと多額の負債のために、ソニアは手頃な価格のローンを利用することができず、住宅購入という重要な個人的目標を達成することができませんでした。

解決策を探していたソニアは、私の組織を見つけました。 The Resurrection Project (TRP)のことを地元の新聞で知りました。 彼女は、TRPがLending Circlesを提供していることを知り、信用を回復するこの機会に興味を持ち、シカゴの北側から45分のバスに乗って、南側の家の近所まで私に会いに来てくれたのです。

TRPに来た他のLending Circles参加者と同様に、ソニアはまず、私と1対1で最初のファイナンシャル・コーチング・セッションを受けました。私たちは、彼女の毎月の収入、予算、クレジットヒストリーを確認し、彼女のクレジットにいくつかの不一致があることを発見しました。 のレポートを作成しました。私たちが彼女のLending Circles申請を完成させている間に、彼女はこれらの不整合を解決するために信用調査機関に連絡を取りました。

4月に行われたLending Circlesのフォーメーションで、ソニアは Los Ganadores- "The Victors"。その名の通り、ソニアはその後、小さな勝利をいくつも重ね、信用を回復して家を持つという最終目標に近づいていきました。

TRPのLending Circlesに参加して以来、ソニアさんはクレジットスコアを65ポイント上げ、借金を約$7,000円減らし、貯金を$1,000円増やしました。

ロス・ガナドーレスに参加して以来、ソニアは個人的な金銭面で大きな進歩を遂げただけでなく、新しい友人も得ました。ソニアさんともう一人の参加者であるアリシアさんは、Lending Circlesのフォーメーションでつながり、美しい友情を築いています。TRPのLending Circlesプログラムの素晴らしい点は、参加者がサークルの開始時とその後の両方でコミュニティを形成することです。アリシアとソニアは、レンディング・サークルを通じて親密な関係を築きました。アリシアさんは現在、ソニアさんの教会の食料配給所でボランティアをしており、昨年5月のソニアさんの結婚式にも参加しました。

ソニアさんは、シカゴで新しい生活を始めるために旅に出ました。私たちは、彼女の目標達成をサポートできることをとても嬉しく思います。ソニアは、次回のTRPのLending Circlesブランチで、彼女自身の言葉でストーリーを語る予定です。

著者についてマデリン・クルーズは、イリノイ州シカゴでファイナンシャル・コーチング、住宅所有者教育、起業支援、移民サービスなどを提供するThe Resurrection Project(TRP)のシニア・ファイナンシャル・コーチです。のパネル「True Heroes: Engaging Clients in the Digital Age」に登壇しています。 2016年 Lending Circlesサミット.

ミッション資産基金は501C3組織です

Copyright©2021Mission Asset Fund。全著作権所有。

Japanese