私たちは戦い続けます

親を求めて泣き叫ぶ赤ちゃんの声を聞くと、心が痛みます。私は自分の子供たちを見るたびに、この小さな子供たちのことを考えます。この狂気を止めて、何百万人もの移民がアメリカでの安全を求めて、長く危険な旅を勇敢に乗り越えた母親や父親と再会させてあげたいと願っています。   

しかし、彼らは避難所ではなく、無邪気な彼らを恐怖に陥れ、親から子を引き離し、その過程で彼らの人権と法的権利を侵害する政府を見つけました。トランプ氏の「ゼロ・トレランス」政策は、奴隷制度や日本の収容所、さらにはナチスドイツにまで遡ります。そして何のために?この政権は、赤ちゃんを人質に取ることで危機感を煽り、自分たちの政治的アジェンダを推進することを冷徹に計算していたのです。

彼らはひどい間違いを犯した。

トランプ氏の新しい大統領令は、危機を終わらせるものではありませんでした。政権は依然として「ゼロ・トレランス」政策をとっており、アメリカとメキシコの国境沿いの収容所に亡命希望者を閉じ込めています。 そして、アメリカで保護されている2,300人の子どもたちを親と再会させるために何もしていません。それどころか、彼らは自分たちの計画に従って、子どもたちを交渉材料にして議会に圧力をかけ、トランプの壁への資金提供、合法的な移民へのビザの削減、多様性ビザプログラムの廃止、移民の犯罪化、そして経済を牽引し、さらに重要なことにはアメリカを故郷とする何百万人もの勤勉な移民の市民権への道への希望を阻んでいるのです。

私たちは、トランプ氏の行動に驚きはしませんが、憤慨し、活性化しています。この政権は当初から、移民を呼ぶレトリックで攻撃してきました。 レイピスト, 犯罪者, トゥルース または 動物.彼の行動はこのレトリックに沿ったもので、DACAを終了させ、ドリーマーに対する法的解決策を提供しようとする超党派の努力をねじ伏せています。彼は、移民や有色人種が社会の一員として活躍するための希望を、一歩一歩取り除いています。

彼が恐れているのは、豊かで多様性に富み、カラフルで複雑なアメリカの出現です。彼は、自分に似ていないアメリカを恐れているのです。

しかし、彼がどんなに私たちを恐れたり憎んだりしても、私たちを排除することはできません。彼の政権は、移民の家族の生活を悲惨で不可能なものにしようと努力している。犯罪者にしたり、拘留したり、強制送還したり、恐怖を与えたり、私たちが持っているわずかなものを没収したりしますが、私たちを追い出すことはできません。

We are resilient.私たちは生存者です。そして、私たちは一人ではありません。何百万人もの人々が恐れず、今国境で泣いている子供たちのために、余裕と抱擁とリソースのある、公正で広大なアメリカの出現のために、私たちと一緒に戦ってくれます。

私の言葉を聞いてください。トランプ氏が最後の言葉を持つことはありません。彼はアメリカが何であるか、何になるかを指示することはありません。

MAFでは、さらなる努力を続けています。私たちは、より多くの永住権保持者の市民権申請を支援しています。これまでに8,000件以上の市民権取得やDACA申請のための資金を提供してきましたが、今後もさらに数千件の申請を行う準備ができています。現在、市民権を取得できる永住権保持者は880万人います。私たちは、彼らが帰化し、将来の選挙で投票できるようになるための第一歩を踏み出す手助けをしたいと考えています。そして、移民の方々が経済的に豊かな生活を送れるよう、また、自分の住む場所に根を下ろし、自分の居場所があると確信できるよう、これまで以上に支援していきたいと考えています。

彼らは私たちが国家として存在するための一部であり、私たちは彼らの夢とエネルギーを必要としています。

世界中で聞こえてくるこの叫びは、決して聞き逃されるものではありません。 親の腕から引き剥がされた子どもたちや、社会の片隅にいる何百万人もの人々のために、私たちは自由と尊厳と敬意を求めて戦い続け、かつてMLKが言及した道徳的宇宙の弧を正義に向かって折れ曲げることを続けます。

愛と感謝の気持ちを込めて

ホセ・キノネス(Jose Quinonez

GIVEです。

法廷で移民の権利を擁護し、国境にいる家族に直接支援を提供するために活動している法律事務所や非営利団体に寄付します。

  • ACLU財団 は、非営利の 個人の市民権を守るために彼らの 移民権プロジェクト 移民の権利を擁護し、現在は家族分離の問題を訴えています。
  • 教育・法的サービスのための難民・移民センター(RAICES は、テキサス州中央部および南部に住む移民の子どもや家族、難民に法的サービスを提供する非営利団体です。親が子供と再会できるよう、拘留されていた親を解放するための支援を行っています。
  • キッズ・イン・ニード・オブ・ディフェンス(KIND KINDは、サンフランシスコやワシントンD.C.など10都市にオフィスを構える全国規模の政策提言団体です。KINDは、同伴者のいない移民の子どもたちを代理するプロボノ弁護士を育成しています。
  • ボーダー・エンジェル です。 サンディエゴを拠点とする非営利団体で、移民の権利、移民法の改正、国境沿いの移民の死を防ぐことを目的としています。
  • 移民の家族に寄り添う#HeretoStay は、DACA、シチズンシップ、TPS、グリーンカードの申請をサポートするための資金を集めるMAFのキャンペーンで、移民のステータスが変わることで家族が引き裂かれるのを防ぎます。

ADVOCATE。

議員に電話して、家族が一緒にいることを支援してください。議会が亡命申請を審理し、すでに親と引き離された2,300人の子どもたちを再会させることを要求する。  

  • ホワイトハウスのパブリックコメントライン。 202-456-1111
  • 司法省のパブリックコメントライン。 202-353-1555
  • U.S.上院のスイッチボード 202-224-3121

RALLY。

街に繰り出して Families Belong Together 6月30日、あなたの近くで集会

ENGAGE:

ソーシャルメディアで支援を表明する(#FamiliesBelongTogether #KeepFamiliesTogether)。

 

ミッション資産基金は501C3組織です

Copyright©2020Mission Asset Fund。全著作権所有。

Japanese