DREAMSFフェローのカルメン・チャンさんをお迎えしました


ベネズエラ出身のドリーマーであるカルメンは、非正規雇用の若者を助けるために、自分のストーリーと夢を語っています。

カルメン・チャンさんは、このたび、アウトリーチ・フェローとしてMAFのチームに加わりました。 サンフランシスコ市民参画・移民問題担当事務所の DREAMSFフェローシップ.DREAMSFフェローシップは、DACAを取得した若者が、サンフランシスコの移民コミュニティに貢献しながら、貴重な職業経験とトレーニングを積む機会です。私たちは、カルメンが私たちと一緒に働けることを嬉しく思い、インタビューを通して彼女のことを少しでも紹介したいと思います。

1.Dream SF Fellowshipに応募しようと思ったきっかけは何ですか?

夏休みに何かしたいと思っていたところ、指導教官からDream SF Fellowshipのメールが届きました。また、非正規雇用者のコミュニティのために何かしたいと思っていたので、自分がどんなリーダーになれるかを知りたかったのです。そして応募したところ、見事合格しました

2.あなたのことを少し教えてください。

私はベネズエラで生まれ育ちました。サンフランシスコ州立大学で歴史とスペイン語をダブルで専攻し、卒業したばかりです。サンフランシスコでは、Everett Middle SchoolとGalileo High Schoolに通っていました。サンフランシスコに来たのは12歳のときで、両親と一緒でした。両親は1週間の滞在でしたが、私と妹を叔父の家に預けることにしたのです。 私にとっては、もう一度最初からやり直さなければならなかったので大変でした。私は自分の国にいたいと思っていました。家族や友人のほとんどがそこに住んでいたからです。

私は自分のことを2つの世界を持つ人間だと思っています。というのも、子供の頃は中国の文化が私の周りにあり、学校に行くとベネズエラの文化がとても目立ちました。 家では両親が中国語で話してくれて、習慣や宗教がとても重要な意味を持っていました。例えば、旧正月には母が早起きして料理の準備を始めます。私が一番好きだったのは、目が覚めて母の料理の匂いを嗅ぐこと、赤い封筒、そして花火でした。また、近所の家で過ごすことが多かったので、ベネズエラの文化も非常によく感じられました。アレパス、カチャパス、サンコチョなどを食べたことを覚えています。学校では、バリオの子供たちと遊びました。また、ベネズエラのストリートスラングもたくさん覚えました。

ベネズエラはいつも混乱している。私の国は今でも分裂しています。 私が子供の頃は、ウゴ・チャベス党と野党の間で抗議活動や対立があり、学校をよく休んでいたのを覚えています。両親は、アメリカに来て勉強し、学業を向上させることが最良の選択肢だと考えていました。現在の政治状況は、私がアメリカを離れたときよりも悪化しています。私の両親は、使うトイレットペーパーや食べるための鶏肉さえありません。今の国の状況については、本当に申し訳なく思っています。

3.これまでに携わった活動やプロジェクトの中で、あなたが本当に誇りに思っているものは何ですか?

のインターンをしていたとき、私は パクト社 あるアジア系の学生のファイナンシャルエイドを手伝いました。その際に、彼女がAB540であることがわかり、両親から自分のステータスについて聞かされていなかったので、とても驚いていました。 AB540とは、2001年に可決された議会法案で、非正規雇用の学生が州内の授業料を払えるようにするものです。多くの非正規滞在の学生は、自分のステータスを明示するためにAB540と名乗っています。

私の両親も私が非正規滞在者であることを教えてくれなかったので、この学生は私自身によく似ていました。私が自分のステータスを知ったのは高校生のときで、高校のカウンセラーからFAFSAの資格がないと言われたときでした。当時のカウンセラーは、非正規雇用の学生を知っているのは私が初めてだったので、私の状況をどうしたらいいのかわかりませんでした。

次の日、その学生が来て、「お金がかかりすぎるので、大学には行きたくない」と言いました。私は彼女に、奨学金のような助けを得る方法はたくさんあると言いました。私は彼女に、利用できるすべての奨学金に応募するように勧め続け、彼女はそれを実行しました。彼女がシティ・カレッジに通うための4年間の奨学金を得たことを知ったとき、私は彼女のためにとても嬉しかったです。彼女とは今でもフェイスブックで連絡を取り合っています。

4.アウトリーチ・フェローとしてMAFで働くことに興味を持った理由は何ですか?

ワークパーミットの取得は、私にとって目を見張るような経験でした。失敗もしましたが、重要な大きな教訓を学びました。例えば、税金の申告はとても分かりづらく、W-4にも間違いがありました。なぜIRSが私の給料からお金を差し引かなければならないのか、わからなかったのです。 また、非正規雇用の友人たちからは、クレジットスコアを作るためにはクレジットカードを作ることが重要だと言われました。 迷っていたし、少し混乱していた。.私がMAFに参加しようと思った理由は、多くの非正規雇用の若者に金銭面でのサポートやガイダンスを提供したいと思ったからです。

5.フェローシップ期間中、楽しみにしていることは何ですか?

多くのスキルを学ぶことを楽しみにしています。特にアウトリーチは、私たちが奉仕するコミュニティに影響を与え、力を与えることができる強力なツールだと信じています。また、ネットワーク作りや人脈作りも。

6.今後5年間の目標は何ですか?

5年後には、楽しめる仕事、特に若者やベイエリアの低所得者層と関わる仕事をしたいと思っています。5年後には、両親を連れてここで一緒に暮らせるようになっていたいですね。母とは10年ほど会っていないので、本当に寂しいです。

7.ドリーマー・コミュニティや非正規雇用のアメリカ人に期待することは何ですか?

若者だけでなく、勤勉な親御さんにも平等に恩恵をもたらす移民法改正が早く実現することを願っています。その 子どもを対象とした延期措置 しかし、16歳以前に渡米していなければならない、2012年6月15日時点で31歳以下でなければならないなど、多くの制限があるため、すべてのドリーマーに恩恵があるわけではありません。私の親しい友人の一人は、2007年7月に渡米したため、Deferred Actionを申請することができませんでしたが、資格を得るためには2007年6月以降に米国に居住していなければなりません。彼女は2007年7月に渡米しましたが、資格を得るためには2007年6月から米国に居住していなければなりません。

ここで諦めるわけにはいきません。まだ希望はあります。夢のために戦うのに遅すぎるということはありません。闘うのは私たちだけではありません。私たちの苦悩は、私たちをより強くし、私たちを私たちたらしめているのです。

ミッション資産基金は501C3組織です

Copyright©2020Mission Asset Fund。全著作権所有。

Japanese